このサイトでは高校留学を支援してくれる奨学金制度について紹介します。
費用を抑えながら留学を実現することができ、さまざまな留学支援があるので自分に合ったものを選択することが可能です。
有名プログラムや企業、教育機関や地方自治体など種類が豊富です。
将来世界で活躍するような人材を育成することと目的に提供しているところもあり、留学費用を全額負担するところがあるのでお得です。
毎年多くの人に対して奨学金が提供されており、応募数も多いので出願するなら留学計画や目的などしっかり書類に記載することをおすすめします。

高校留学をするなら支援制度を活用しましょう

高校留学をするなら支援制度を活用しましょう 高校留学にはいろいろな留学支援制度があり、さまざまな奨学金を選択することが可能です。
奨学金にはいくつか種類があり、給付型や貸与型などがあります。
奨学金の場合、給付タイプとして返済不要のものがあり、貸与タイプとして返済しなければいけないものがあります。
違いは返済する必要の有無で、おすすめは返済のない給付型になりますが、英語力や学校などでの成績といったいろいろな条件があることが多いです。
まず給付型奨学金に応募して、選考結果を待つことをおすすめします。
居住地など条件があり、居住地や在籍する学校の所在地を設けているケースもあるので注意が必要です。
地方自治体が提供する高校留学の奨学金の条件に多いパターンになります。
奨学金を提供する地域に在住していたり在学する必要があるので、条件を確認することが大切です。
留学先が限られるケースもあり、指定する留学先に渡航することが条件になっていることもあります。

高校留学をするときにはお得な制度を利用することも重要

高校留学をするときにはお得な制度を利用することも重要 高校留学は、単純に自発的に行うのではなく様々な制度を利用することによって安くいくことができます。
代表的なものが、サマースクールや交換留学制度です。
一部の期間だけ高校留学を行うことによって体験的に海外の学業を学んでいくシステムです。
このシステムの良い点は、非常に安い費用で海外を体験できるという点です。
本来、海外留学を行う時には高校留学であっても大きな費用が必要になるため、ハードルが高い状態になっています。
例えば、アメリカに長期留学を行う場合には、数百万円というお金が必要になります。
卒業を目的に行くのならば、より大きな費用が必要になりますので現実的に決断できない人も少なくありません。
一方で、国や学校が提供している制度を利用すればこういった問題点を解決できる可能性も存在します。
特に、交換留学の場合は滞在費やホストスクールの授業料を免除してもらえる可能性も存在します。
自費で留学する場合には、授業費に含めて滞在費なども考慮しなくてはいけません。
しかし、交換留学を利用すれば多額の授業費を支払わなくても良くなる可能性がありますので、非常に便利です。
しかも、長ければ1年間は滞在できますので初めて高校留学を利用する人にとっても利用しやすいです。

高校留学の期間はどのくらいにするのがいいのか

今やグローバル化時代に突入し、しかもそのスピードはだんだん速くなっています。そのグローバル化時代に必須なのは語学で、何と言っても世界で多くの人が学んでいる英語です。外国語の習得には若ければ若いほど、その発音が正しく身につきます。そこで、高校生のうちに、外国へ留学する高校留学を体験してみてはどうでしょうか。まだ感受性が強く、たとえ環境が変わっても適応していける年頃です。高校留学の方法として日本の高校と海外の高校の交換留学生としての制度を利用することです。高校留学の期間は1年間が妥当でしょう。あまり長い期間留学していると、日本に戻ってきたときに進学の問題があります。交換留学なら日本に戻ってきても、留年することなしに進級できますから、父兄も安心できます。若いときに海外での生活を体験すれば、外国語が上達するばかりでなく、その後の人生に大きく影響し、将来は国際人になれるかもしれません。「鉄は熱いうちに打て」の諺どおり若いうちに海外での体験をするのは、必ず人生にプラスになります。

高校留学は1年コースなら気軽にトライできます

高校留学は、3年間のコースもありますが1年間というコースもありますのでいきなり3年間は不安という方は、このようなシステムの学校に入るのがお勧めです。留学はどのタイミングでもできますが、高校留学はカリキュラムに組み込まれているところが多いです。海外に1年間滞在して、所定の単位を取得することで日本で履修した場合と遜色のないような仕組みになっていて、3年で卒業することができるメリットがあります。高校留学を狙っている方は、最近はどこの高校でもそうしたシステムを導入するようになっていますので、受験のタイミングで自分のレベルに合った高校でどのようなやり方なのかを調べておくとよいでしょう。大学に行ってからでも留学はできますが、やはり高校生の時の多感な時期に1年か海外に行くことで視野も広がりますし、それだけでなく大学受験にも有利になることがあります。英語ができるとかなり日本の大学受験は有利ですので、おすすめの方法です。

高校留学についてもっと調べる

高校留学するなら最高の場所で

新着情報

◎2020/12/8

単位をとれる制度で卒業が遅れない
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

高校留学における奨学金制度
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「留学 支援」
に関連するツイート
Twitter