単位をとれる制度で卒業が遅れない

単位をとれる制度で卒業が遅れない 日本の高校で学ぶのではなく、海外に行き現地で生きた英語を学びたいとか色んな経験をしてみたいという時には、高校留学をするという方法があります。
ただ留学をすると、日本で高校に通っているわけではないので授業に出席できませんから卒業に必要な単位を修得できないため、帰国をしたら同級生と一緒に卒業できないことが懸念になります。
仲良い友人と離れてしまいますし、高校の時に1年の差は大きいですから、留学をためらってしまうという大きな理由になってもおかしくありません。
しかし高校留学をしながら単位をとれる制度というのが存在するので、それを利用すれば卒業を遅らせる必要はありません。
気を付けておきたいのは、留学先で学ぶ高校や語学学校などが、在籍している高校と連携をしていたり、制度を導入しているかどうかを確かめておくことです。
留学先で学ぶ学校を選ぶときに、パンフレットなどに記載されていますから、それを確認しておくと安心です。

高校留学は制度やカリキュラムを見て決定する

高校留学は制度やカリキュラムを見て決定する 高校留学をする前に決定することがたくさんあります。
行き先をまず決める必要があります。<br>国を選んだなら、どこの学校にいくかを選ばなければいけません。
何を基準に選ぶとよいでしょうか。
一つの目安は、その学校にどんな制度やカリキュラムがあるかという点です。
高校留学は、高校生活を海外で送ることを意味しますから、基礎学力を身につけることをおろそかにすることはできません。
仮に英語が流暢に話せるようになったとしても、基礎的な高校で学ぶ学力が欠けているなら意味がありません。
その学校にどんなカリキュラムがあるかを確認しましょう。
ホームページでも確認はできますが、できれば実際に学校を訪れて関係者に話を聞くことがおすすめです。
ホームページが外部の会社が作っていることが多く、必ずしも最新情報ではありません。
手間がかかるかもしれませんが学校の先生や担当者に、学校の制度などについて疑問に思っていることを質問するなら安心です。

新着情報

◎2020/12/8

単位をとれる制度で卒業が遅れない
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

高校留学における奨学金制度
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「留学 単位」
に関連するツイート
Twitter