高校留学では自治体の姉妹都市に格安留学できる制度がある場合も!

高校留学では自治体の姉妹都市に格安留学できる制度がある場合も! 高校留学を検討する場合、先ず考えなくてはならないのは必要な金額です。
留学が高校の場合その期間は1年というのが一般的なようですが、授業料や滞在国での生活費に加え、往復の航空費などを合計するとかなりの金額になってしまいます。
そこで注目したいのが多くの自治体が海外の市町村と結んでいる姉妹都市の制度です。
各自治体によって異なりますが、高校生の交換留学を行っている自治体も多く、その場合全くの自費で留学するのと比べて費用が補助されるため格安で留学することができます。
どのくらい補助されるかは各自治体によって異なります。
ですから高校留学したいが金額の面で不安があるという場合、住んでいる自治体にどのような姉妹都市があるのか、またそことどういったとりきめを交わしているのか調べてみることが解決策となることがあります。
ただ高校生の交換留学の制度があっても、応募者が多数の場合には選考基準があってそこで選ばれないと留学できないのでその点には注意が必要です。

高校留学制度を利用すると安く留学できます

高校留学制度を利用すると安く留学できます 留学が手頃な時代になってきたとはいえ、渡航費から現地での生活費など決して安いものとは言えず特に金銭的に自由度の低い学生には手が出せないように思えます。
しかし、学校が提供する制度を利用すればこのようなコストを恐れず思い切り国際体験をすることができる場合があります。
最近の高校では多くの場合、提携する高校があり校内選考に通過すれば学校の制度を通じて高校留学することができ、費用の一部または全部を学校が負担してくれるので大変安いと言えます。
学校によっては、現地での生活費をサポートしてくれる場合もあるため、家庭への負担を気にせず高校留学を楽しむことができ、その後の進路や就職でも優位になること間違いなしです。
このような方法で留学する場合は、学内での成績が優秀なのはもちろん、手続きなど積極的に責任を持って行うことが必要ですが、今後の人生において良い勉強になること間違いなしなのでハードルが高そうに見えてもチャレンジすることが重要です。

新着情報

◎2020/10/13

高校留学における奨学金制度
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「留学 安く」
に関連するツイート
Twitter